夫婦修復問題。「感謝を伝える」について努力したいことを考える。

夫婦関係の修復に努力されていらっしゃる方から、
「今まで当たり前と思っていたこと、違うのですね。」
「してくれる小さなことが、嬉しく思えます。」
「改めて、今の生活が大事、離したくない思いです。」
こんな思いをお聞きします。

その思い、素直に謙虚にパートナーに届けてほしい。
その思い、大切にしてほしい。

夫婦関係の修復を諦めない、
夫婦の絆を更に深める、
そのための源になる皆さんの力になるのですから。

パートナーに感謝の気持ちを伝える。
皆、「ありがとう」の言葉で表します。
言葉だけでは上手く伝わらないことあるんです。

何かの動作のついで、やりながら。
自分ではちゃんと言っているつもり・・
でも相手には聞こえていなかったり、思いの半分しか届かなかったり、
なのでしょう。

感謝の気持ちを届けるならば、
「ありがとう」の言葉と、パートナーの目に微笑みを届ける。
やはり、大切なこと。
「微笑み返し」この上ない喜びになりますもの。

夫婦関係が悪化の状態である。
パートナーに嫌悪され、自分の行動の反応におどおどし、
緊張の毎日を過ごしている。
辛さの中では、
微笑んでいるつもりでも、強ばってままならないこと、
笑顔に気持ちがついていかないこと、
ありますね。

そんな時は、気持ちを切り替える、息抜き、しませんか。
美味しいものを食べる。
大好きな曲を聴く。
可愛い物、きれいな物を見る。
花を育てる。
趣味に夢中になる。

息抜きは、修復の気持ちを持続させる努力の一つです。
時間かかっても、我を忘れて・・。
気持ち良く、すっきりすると、自然と微笑んでいませんか。

夫婦問題に悩んでいるなら、無料相談してみませんか?
初回電話相談30分無料実施中!

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。