離婚相談、修復相談の妻の皆さんにお話したい。愛し方の違いのこと。

今日から9月、夏休みが終わり、
お子さんのいるご家庭では、やっと日常が戻る時なのでしょうね。

夏休みを婚家で過ごし、自宅に戻ってから、
夫婦大喧嘩になってしまった・・
私の気持ちを分かってくれない、夫が嫌・・
婚家での不満がつのってしまったのでしょうか。

こんな妻の相談を聞くと、せっかくの夏休み、
子供は楽しい思い出になったのだろうか?
と、おせっかいながら心配してしまいました。

「愛し方の違い」について思うこと、お話させてくださいね。

 

  • 私にも3人の子供がいます。
    不妊治療のこともあり、やっと授かったものですから、
    出来れば続けて兄弟がほしい・・
    そんな一念だったですね。
    お医者様にも奇跡と驚かれましたが、
    学年が違えど、年子の子供達です。
    そんな頃の自分のこと・・です。
  • ほんとに小さい子達・・
    主人の両親、実家の両親。
    とても可愛がってくれました、助けになりたいと思ってくれても、
    受け入れない、頑なな自分だったのです。
  • 主人の母、姑が、子供をみてくれれば、有り難いより、それでは困る・・
    子育てを楽しむどころか、
    一生懸命すぎて、頑張りすぎて、余裕なかった・・そんな私でした。
  • 実家の母には、喧嘩しながら、文句言いながら、見て貰っていたのですが、
    はっと気付かされたんです。
    今思えば、母も見かねて何かきっかけをくれたのでしょうね。
  • 私は母の、主人は姑の、産んで育ててくれて、愛情を沢山もらって、
    大きくなった。
    それぞれ、愛し方は違う。一通りが正しいことはない。って。
  • その思いは、
    私を楽にさせてくれたと同時に、
    子供は沢山の愛情にふれるきっかけになったのです。
  • 沢山の人からのたくさんの愛情は、
    母の必死の愛よりも勝る。
    子供が大きくなって、大人になったとき、
    沢山の愛を感じられる。沢山の愛を与えられる

    そんなふうに思えました。

ご相談者の皆さんのお気持ち、よく分かりますとも。
一生懸命、頑張っていらっしゃるのですから・・。

「姑の苦情」
子供を甘やかせて困る、こうしてもらいたいのに・・など。
ご主人に言っても、理解してもらえないことなのではないですか?

ご主人は、
姑のお母様に育ててもらい、愛を貰ったのですもの。
不都合に、理不尽に思うことないのでしょうね。

愛し方の違い」はいけないことではないんです。
むしろ、いろいろな愛し方、子供には大切ではないか?
こんな思いしてほしいです。
子供だけで、おばあちゃんとお出かけ。
子供だけで、おばあちゃんの家にお泊まり。
案外、子供の楽しみだったりするものなんです。

そして、そんな貴方の思いに、考えに、
夫も、案外嬉しかったりするものなんです。

大きくなった息子、娘の、
「おばあちゃんの家、時間あったからよってきた」と言う話に
とても嬉しく思う私・・、だったりもするのです。

夫婦問題に悩んでいるなら、無料相談してみませんか?
初回電話相談30分無料実施中!

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

No tags for this post.

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。