結婚しても高いハードルはやってくる!今度は夫婦二人でクリアするのです。

先日、若い女性達(20代前半の皆さんでした)と話をする機会があり
「恋愛」について、「結婚」について、話をしました。
少しお話させていただきたいと思います。

そこで、彼女達が「恋愛」について語ったことは、
「自分はこの人を好きになっていいのか?」と考えてから、恋愛する。
自分にとって良いこと?悪いこと?の見極めがある。
自分にとって幸せなこと?の見極めがある。
いわば、条件を満たしていれば、好きになれる。
ということでした。

自分が傷つくことは嫌だから。
相手を好きになる前に、自分を守っていたいから。

時代のせいでしょうか? 私が恋愛体質だったのでしょうか?
正直考えの違いを感じました。
今のように携帯もインターネットもない時代、
後先考えない恋愛でした・・
自分の心に入り込んで、次第に大きくなる相手の存在。
そこには条件はなかった・・なあ。
「偶然を装って待ち伏せ」「手紙」
手段も今とは違うせいでしょうか?

恋愛で傷ついたり、傷つけたり。
この世はもう終わり位の失恋の絶望感。
仕事にも行きたくないほどの喪失感。
そんなことの繰り返しのなかで、気付くことがあり、
自分を見つめることもできたと思います。

 

彼女達の結婚相手はさらにハードルの高い条件でした。
見つけること・・できれば本当にいいと思います。

実際の結婚生活は、
二人の共有するものを守る努力、
愛を育てる努力の要るものです。
そして、傷つくことも、傷つけることも避けられない、
生身の人間のぶつかり合いもあります。

でも、そんななかで生まれる絆、
乗り越えて強くなる絆があります。
そこに幸せがあるのではないでしょうか?

高いハードルをクリアした男性と晴れて結婚されても、
幸せの道は、山あり谷ありなんです。
夫婦二人で高いハードルをクリアしていくこと、
心得ていて下さいね。

とても可愛くて、綺麗なお嬢さん達、
たくさんいい恋愛をしてね。
傷ついて、傷つけて・・。
自分の心を育ててくださいね。
自分を高めてほしい、自分を磨いてほしい。
もっと魅力ある女性になることでしょうから!

夫婦問題で悩んでいるなら、無料相談してみませんか?
初回電話相談30分無料実施中!

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。