男性の夫婦相談、先ずは「家に帰りづらい」気持ちを解決することからです。

いつもお読み下さりありがとうございます。

男性からのご相談、実はとても多くお受けしているのです。
内容はそれぞれの夫婦問題により様々ですが、
自分の気持ちを吐き出すところがない、
妻の考えていることがわからない、
どうにかしなければ・・と焦り悪化してしまい、
「誰かに相談したい」
その思いをお受けしています。

夫婦関係の悪化に比例するかのように、
家に帰りづらい」
「妻が分からなくて、怖いんです」
男性の本音をお聞きします。

奥様の顔色、言動を気にするあまり・・
自分の思うことを言えば、奥様の言動は想像付くあまり・・
家に帰る時間をずらし、
奥様を避けるような態度をとってみたり、
このような男性、実に多くいらっしゃる。
実感しています。

問題解決とは、どんなことでしょうか?

  • 家庭は自分の癒しの場所とする。
    自分の思いを我慢することなく、妻に伝える。
    夫婦としての、家族としての考えであってほしいものです。
  • 妻の不機嫌、怒りから自分を守る、
    夫である自分を何とか保つ、
    自分を癒す為の問題解決の考えは、根本的に違います。

ご自宅で夫の帰りを待つ奥様は、
不機嫌で怒りをぶち当てるだけではない、
メンタル面の弱さ、女性特有の寂しさの表れであるかもしれません。
まさか夫が家に帰りたくない、自分を避けているとは、
思うことなどしていないかもしれません。

ストレスと感じる部分は、男性と女性違うものです。
そのことを知らず、悩み、苦しんでいるご夫婦も少なくないと、
実感しています。

「妻の本音が分からず、怖い。家に帰りづらい」
そんな男性に元気と勇気を取り戻し、問題解決の力をつける、
きっかけとなることでしょう。
サポート応援していきます。
悩まずご相談くださいね。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


8 件のコメント

  • こんにちは^_^
    今日は夫からメールが来たのでドキドキしながら開いてみたら、お金の催促でした(ー ー;)

    近々、家に来るようなのでピンチをチャンスに変えられるように努めて明るく接しようと思います

    この前来た時に出したパンが気に入ったみたいだから仕事帰りに買いに行ってこようかな?

    本当は何に遣うか分からないお金は渡したくありませんけどね…

    そんなことより、限られた時間を楽しく過ごせる様に頑張ります

    • 綾子さま
      コメントありがとうございます。
      ご主人からのメールにドキドキであり、
      パンを買おうかと思う貴方はウキウキでもあり、
      落ち着いている綾子さんですね。
      お金が必要・・言うところは貴方のところなんです。
      深く突きとめて考えても、答えのないものありますよ。
      そう、楽しい時間です!時間を有効にね。
      応援しています。

  • 先日はありがとうございました。早速本をダウンロードしてネガティブ思考なくせるように読んでいます。結果は後からついてくる。未来は今日から変えられるって事ですかねぇー。遅過ぎって事はないわよーと先生のお言葉ありがたかったです。これから、旦那さんをいたわる気持ち行動、頑張りますよ!ダッシュで走ります!

    • tさま
      コメントありがとうございます。
      貴方の頑張る宣言、嬉しくなりました。
      確かに受けましたよ!
      でも、読むだけではダメよ~。実践力です。
      応援しています。

  • ご無沙汰しています。
    生活費を一円も払わないと言っていた夫が、お金を持ってきてくれました。生活費とは、言えないぐらい少ない額でしたが…【いろいろあって、今出来る額は、これだけしかない。ごめん】と言って渡してくれました。今は、お互いに何も連絡しないで生活していますが、突然の出来事で嬉しかったです。まだまだ先は長いですが、私以上に夫が苦しんでいるのかもしれない。悩んでいるのかもしれない。私がくよくよ悩んで苦しんでも前に進めない。という考え方に変わってきました。あまり、くよくよせずに、焦らずに今の生活を子どもに不安を与えないように充実させながら、離婚回避出きるように頑張ろうと思っています。また、相談にのって下さい。よろしくお願いします。

    • あーさま
      コメントありがとうございます。
      感情的な言い争いを繰り返していた貴方方夫婦、
      あーさんのご主人を理解しようとする気持ちが、
      流れを変える力になろうとしている。
      そんなように思えます。
      前向きな気持ちのあーさん、応援していきます!
      いつでも相談してきて下さいね。
      心折れる時の支えになっていきもすとも。

  • お世話になります。
    前回の先生とのお話で、メールも送らずにそっと様子を見ましょうとなりましたが、子どもが体調を壊して検査したりで、結局毎日子どもの様子メールを送っています。
    たまに主人から「息子の具合はどう?」や「病院に連れて行った方がいいんじゃない」などのメールがきます。
    主人でも子どもは気になるのかな…と思ったりもしますが、最近は実家によく行き、親が家にきたりも増えたようです。休みの日は一緒に出掛けたり…
    こんな、父親ではなく息子としての生活を満喫しているような主人でも、私と息子の想いは届くのか、息子の父親としてこれからのことを考えてくれるのか…
    全く先の見えないことなんだなと、改めて痛感しました…。

    • りかさま
      コメントありがとうございます。
      お子さんの体調心配です。
      お子さんの回復のためには、貴方の力、支えが大切です。
      ご主人に対する思いも複雑なのは、十分理解できます。
      でも、今はその思いはさておき、おいておいて、
      夫婦として、お子さんの両親としての気持ちに
      集中して下さいね。
      夫婦のことは、今すぐ決めることではないですもの。
      毅然と!
      お父さん、お母さん、しっかりなさい。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。