男性なら守りたい「こだわり」、夫婦円満の為理解する2つのこと。

いつもお読み下さりありがとうございます。

自分の趣味、自分のこだわり、
自分の思いが沢山詰まった物、大切な物。
特別です。

この思い、
男性は特にあるようですね。
きっと、小さいころからなのでしょう。

我が家にも、男女おりますが、
我々女性軍には、理解不能の場面、正直あります。
「どうして、そんなことまで・・」
「なにも、そこまでしなくても・・」
男性軍、親子似ているだけではないようです。
各々、「こだわり」仕様が違うのですもの。
「始まっちゃったね」
「気の済むようにすればいいね」
我々女性軍の裏話しです。

周りを見渡してみても、話しを聞いても、
相談者の男性と話しをしても、
「やっぱり!」そうでした。

「理解不能」だから、
バカにするような事言ってしまいます。
要らない物と処分してしまいます。
「価値観の相違」ではないのです。

  • 友人と職場の仲間と、
    お茶しながら、食事しながら、
    「こうなの・・ああなの・・」
    こぼし合うお互いのご主人の愚痴。
    「貴方正しいわよ!」
    「ご主人に問題あるわ!」
    「うちだって・・」
    味方がいるんですもの、
    強く、酷くバカにするような妻なんです。
  • 妻の要る、要らないの判断には、
    こだわりはありません。
    ご主人の大切な物であっても、
    「古い、汚い、じゃま、困る、必要じゃない!」
    「悪いことしている」意識はないのです。
    捨てちゃったわ、嫌なことする妻なんです。

ずっとバカにされてきた・・
ずっと我慢してきた・・
自分の思いを尊重しない妻にもう我慢ならない。
のでしょうか?

いきなり、
価値観の相違と憤慨する。
感情的に激怒する。

いきなり、
妻の人間性を否定する。

男性の皆さん、
「何がいけなかったの?そんなに私いけなかったの?」
という妻の思い、理解をよせて下さい。

理解不能のままではありません。
時には、手伝いも、応援もします。
時には、楽しさを共有もできます。

奥様に伝えてください。
「こだわり」「大切な物」の楽しさ、喜び。

伝えなくては理解しあえないことあるのです。
男性と女性、見えない部分も違うのですね。
コミュニケーション、頑張っていきませんか。
応援しています。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


6 件のコメント

  • こんばんは。
    昨日から仕事も始まり、息子が泣く姿は辛いですが、頑張ろうと思います。
    昨日の朝、主人に挨拶と今から出勤ですのメールをしたら「無理せず頑張れよ」と返ってきました。
    夜は30分程仕事や息子のことを電話で話しました。少し弱音も吐いてしまいましたが…
    自分で乗り越えるしかないのですが、やっぱり主人の言動などが気になってしまい…
    今、私がやっていることで本当にいいのか…等考えてしまいます。
    以前、「やり直したいならまずは俺の親に謝りに来い。その後が俺達の問題。」と言われたこともひっかかり…。
    先生に言われた事を書いた手帳を見て、心を落ち着かせるも、まず親に謝るのがスジと言う主人の言葉も気になり…。
    毎日頑張りながら少々不安で…

    • りかさま
      仕事を始め、新しい環境のなか、
      母も子供もリズムを作るのに、ご苦労があることでしょうね。
      無理しないでいきましょう。
      ご主人の言葉は、貴方と義理のご両親との摩擦に疲れ、
      貴方との言い合い、感情のぶつけ合いの場面の言葉なのでは
      ないでしょうか?
      先ず、ご主人に行動で、表情で、気持ちを伝えてくださいね。
      頑張っている貴方でいいんです。
      月末の調停まで、不安なマイナスはNG、明るくプラス!
      大丈夫ね、りかさん。応援しています。

  • 先日は貴重なお時間を頂き、本当にありがとうございました。
    先生にお話をきいて頂いた日、主人は日付けが変わる頃にお酒を沢山飲んで帰ってきましたが、もう怒っている様子もなくいつも通りの主人でした。
    許してくれたのかはわかりませんが、主人がくれたチャンスだと思い、精一杯の笑顔で接しました。
    先生のお話をきいて、主人が育ってきた環境や、今彼が置かれている状況を思い、彼は今どんな想いでいるのだろうと考えました。
    私にとって、今までの彼の言動は私を不安にさせるだけでしたが、彼もまた私の言動に傷つき、苦しんでいたのだと気付きました。
    知らなかった彼の一面に動揺し、小さな命を守る責任と不安にかられて一人焦り、大好きな彼が見えなくなっていました。
    先生が教えて下さった「笑顔で」は、私がただ単純に彼を好きでいればいいことに気付かせてくれました。
    浮気も、借金も、彼の事実です。不安が消えたわけではありませんが、そのせいで今ある幸せ、大切な息子の成長を見過ごしてしまうのはもったいないですよね。
    日々成長していく息子を二人で見守っていく未来と、結婚式を挙げる目標を持って、信じる力にしたいと思います。

    それでもまだ未熟な私は心迷うこともあると思います。その時はまた先生のお力を貸して頂きたく存じます。
    感謝を伝えたいあまり、長文になってしまい、失礼しました。
    本当にありがとうございました。

    • まゆこさま
      コメントありがとうございます。
      先日の話しの中、貴方の目標、夢を信じる確かな気持ち、
      たくさん感じました。
      向かうことができますね。
      今の状況は辛いことでしょうが、
      気付いた分、確かな一歩前進です。
      焦らず、積み重ねていきましょう。

      不安をご主人にぶつけても安心にはならないんですもの、
      苦しくなったら、いつでもぶつけにいらっしゃい。
      応援しています。

  • すいません、新しい生活スタイルに精神的に不安定になってしまって…
    今までは主人が1番側で励ましてくれたり、話を聞いてくれてたのに…と涙が止まらなくなり。
    息子も慣れない生活に大泣きで。
    主人の言葉は、今まで何度もやってきた話し合いで、親が絡んでないなら息子のことを考えてすぐにでもやり直すと言われました。
    でも、今の状況は親が絡んでることで、俺達の気持ちだけではどうにもできないと言われて…。
    調停まで自分がやるべきことを頑張ろうと思っているのですが、涙が止まらなくなったり、主人に会いたくてたまらなくなったり、電話やメールしても返信がなかったり出なかったりすると、不安で涙が止まりません。

    • りかさま
      気持ちが不安定のようですね。
      新しい生活のスタートは、ご自分のための一歩になるものでしょう。
      大丈夫!、深呼吸して、落ち着いて。
      ご主人に、泣いてしまうほど不安な気持ちで話しても、
      今のご主人は貴方を受けとめること難しいのでしょう。
      追い込んだらいけないです。

      ここは踏ん張りどころですよ。
      どのお子さんもママと離れる時は、大泣きしているでしょ。
      りかさん、プロなんですもの。やっていけますとも。
      立て直していきましょう。サポートしていきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。