男性の夫婦修復問題、夫が謝っても改善しない2つの理由

いつもお読み下さりありがとうございます。

夫婦問題の原因が明確になり、
「思いやりがなかった」
「言葉が足りなかった」
「傷つけてしまった」
ご主人は奥様に謝ります。
「すまなかった」
「申し訳なかった」
「ごめんなさい」

夫婦問題も改善され、夫婦やり直せるはずなのに・・
全く変わらない、逆に悪化してしまった、
とご相談をお受けします。

男性が謝罪することは
大変なこと、
苦手なこと、
お話のなかで、そう感じます。

  • 謝る=勝ち負けの「負け」に当たること。
    こう思う男性少なくありません。
    「小さい頃からそう育ってきた」
    確かにあるでしょう。
    社会で通用する立派な人間になってほしい。
    自分に他人に負けないでほしい。
    愛おしい親心があってのことです。
    「勝負をかける、勝負にこだわる」
    ここ一番あるでしょう。
    自分の道を決めたい。
    人生の岐路、窮地、踏ん張りたい。
    目指すものがあってのことです。

そうなんです。
「負けたくない」「負けたのか」
そう考えが浮かび謝っても、妻には伝わらないのです。

  • 謝ったからいいだろう。
    こう言う男性少なくありません。
    自分の非を認めた。
    夫婦のこと言い分はある。
    男たるもの、言い訳はしない。
    だから、もうそのことは御破算、水に流せる。
    だもの、もういいだろうなのでしょうか?
    言葉で伝え、これからどう償うかではないでしょうか?

そうなんです。
「すまなかった」「ごめんなさい」
この後に続く夫の気持ちが、妻には伝わらないのです。

「一生貴方についていく」と結婚を決意した妻だった。
駆け引きも勝ち負けもないものでした。
「もう貴方についていけない」の気持ちに変わった妻です。
夫婦問題の解決がないまま迷走を続け、
ついていくことに、不安と不信があるからです。

夫婦で勝負つけることは一つもないですね。
だって、一生の終わりには二人でゴールする夫婦なんだもの。

必ず伝えて下さい! 応援していきます。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • 先程は電話で話を聞いて頂き、ありがとうございました。
    ついさっき、事務的なことですが主人から電話があり、明るく話すことができました。
    主人は声を聞くだけでも凄く疲れた様子で…
    私がそこまで追い込んでしまったんですが、先生とお話して、私が変わり主人を元気にする!と改めて決意し、頑張ろうと思いました。
    焦らず1つ1つですね。

    • りかさま
      明るく話すことができた! 花まる!ですね。
      そう、この積み重ねです。
      ご主人を元気にしましょうね。
      ご主人が貴方といよう!と決めることができる元気です。

      焦らなくて大丈夫、そうです一つ一つです。
      仕事もスタートですね、応援しています。

  • 昨日は相談にのっていただき、ありがとうございました。

    円満調停の話もしましたが、「してもいいけど、私は話すことがない。特に理由はないけど、一緒にいるのがつらくなった。」と言われました。色々話してはみましたが、何を言っても無理。このまま家を飛び出されるのを待つよりはと、離婚することになってしまいました。。。

    今後は離婚届や公正証書、両親や式に参列してくれた人々への報告など、やることがたくさんですが、一つずつこなしながら、心の整理をしていきたいと思います。

    今はつらく、しんどいですが、このまま毎日妻が家に帰ってこない辛さにたえるより、新しい道を歩んでいくことにしました。

    いまだに不倫をしてるのかどうかはわかりませんが、新しいことに目を向けながら、妄想はやめて、前向きに歩いていきたいとおもいます。

    ありがとうございました。
    一度ご連絡はさせていただきますね。

    • ANさま
      離婚の選択となっても、新しい道へのスタートであれば、
      進んで行けます。
      ANさん努力されましたね。
      心の整理をつけ、元気になることからです。

      離婚の決断ができると、
      今まで見えていなかったものがみえてきます。
      自分と奥様のことも、第三者の思いでみることもできます。

      乗り越えていきましょう。応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。