別居解消の話し合い!ポイントは臨む自分、どう臨むのか?

いつもお読みくださりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

別居問題に悩むご相談は、多くあります。

離れて暮らす相手のこと、生活の様子を伺い知ることができない、何を考え、どうしようとしているのか?分かるすべもない。

目の前にいない相手に自分が振り回されてしまい、平静を保てない暮らし、不安な毎日となってしまう。

「どのくらいの期間で別居は解消できるのでしょうか?」
「こんなに長い間別居生活、離婚となってしまうのか?」

別居となった時間について、

「別居解消の話し合いをどう進めていくべきか?」
「話し合ってもまた喧嘩となってしまう、何もできないのか?」

解消策について、

「このまま離婚となってしまうのでしょうか?」
「相手の気持ちが分からない、どうなってしまうのだろうか?」

今後の不安について、ご相談で問われることはさまざまとなります。

別居解消して、夫婦として再び築いていきたい。

解決に向けた明確な手本や手順があれば、万人に向けた確実なテキストがあればいいのですが。

夫婦は、個人と個人からなるもの、二人の組み合わせは一つきりのことゆえ、あったとしても、経過や結果が同じにならないことなのでしょう。

だからといって、「何もできない」「解決策がない」ということではありません。

別居解消に向けた話し合いに臨む自分、どう臨むのか?

話し合いに臨む自分を理解し、話し合いに意識を持ち臨むことではないでしょうか。

「結局は世間体なの?」
「そんなに周りの目が気になるの?」

結論を急ぐあまり、別居からの先が気になるあまり、

「別れたいのか?」

問いかけてしまえば、

「別れたい」

と。
じゃあこれからどうなるの・・高まる不安は自分の問いかけからのこと。

世間体が気になり一歩踏み出さず躊躇していることはあるものです。
追い打ちをかけてしまう言葉としてはならないことです。

「いつも同じこと・・また平行線なの?」
「前も聞いた・・だからどうなの?」

何度話し合っても、同じことばかり・・
時間をおいても、また繰り返し同じこと・・
相手の気持ちが穏やかに、警戒無く、変わっていくのは、相手の意志が強固なものから柔軟なものになるのは、時間の経過ではなく、同じことを・・とつっこむ自分の対応にあること。

顔を見れば何度でも言いたくなる気持ちでいることはあるものです。
つっこみする言葉としてはならないことです。

「子どもがかわいそう」
「子どものために親として」

子どもが情緒不安定なのは・・
子どもが学校に行かなくなった、友達とトラブルを起こす・・
全ては夫婦問題、別居の家庭環境なのだから、親としてできることをしないといけない。

「これ以上我慢しようにもできない」

子どものことを一番に気にかけてもできないと悩む気持ちはあるものです。
追い込む言葉としてはならないことです。

話し合いなのに・・
警戒しあって、気持ちをさぐりあって、緊張の雰囲気の中では、思ってないことまで、そんなつもりではないことまで、言ってしまう怖さがあります。

言い合ってしまう・・
穏やかに冷静に、良いムードで感じよく、心しても、喧嘩のスイッチが入りやすい夫婦関係では、謝ることのできない、取り返しのつかない、事態としてしまう怖さがあります。

一度の話し合いで、別居解消できることはありません。

本当に少しずつ少しずつ、器にお水が浸みて一杯にするくらいに、寒い地方の雪解けがようやく始まるくらいに、一歩ずつ一歩ずつ丁寧に、何度も重ねて、何段階にもプロセスを経て、本当の再構築となるものです。
後には引けない、前にも行けない、
夫婦のこれから・・
別居解消に臨む自分を整えることは、大切な鍵となるのです。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。