「実家に帰った妻」が「別居に対する違う思い」を理解し、解消を考えること。

いつもお読み下さりありがとうございます。。

お子さんを連れ、ご実家に身を寄せている。
こんな女性からのご相談が増えています。

離婚を前提に夫婦距離をおいている方はいます。
離婚後の生活の準備、心構え、
離れて冷静に考えることができるのでしょう。
双方の合意で離婚となり、新しいスタートを踏み出すことができる。
そのための別居です。

でも、ご相談される方の多くは、悩んでいるのです。

  • 夫婦問題の改善はなく、どんどん悪化するばかり、
    ご主人との生活が辛くて、苦しくて、
    「もう、無理、やっていけない」
    お子さんを連れ、ご実家に帰る。
  • 受け入れてくれたご両親との生活の中で、
    次第に落ち着きを取り戻し、
    改めて「自分達夫婦、家族の将来」について考える。

新たなスタートを踏み出す為の別居ではない、
離婚したいではない、
夫婦修復していきたいでもない、
はっきりした自分の意志、目標が定まらず、
何とかしないと・・
何とかできればいい・・
不安定な気持ちなのです。

離れているご主人の心境、思いが読めない、
夫婦改善策もみつからない、
うまくやっていける自信もない、
不安な気持ちなのです。

「家を出て行った妻」をご主人はどう思っているのですか?
「妻の不安定で不安な気持ち」をご主人は理解できていますか?

今すぐ帰ってきてほしいと思っている夫であるか、
出て行った妻とは離婚前提の別居であると思っている夫であるか、
お互いを冷静に見つめる別居であると思っている夫であるか、
実家に帰った妻とは別の考えのご主人なのです。
時間がたてば、さらに離れる夫婦の気持ちです。

そもそも、別居にいたるには、
感情的な喧嘩、思い違い、
言っても分かってもらえない不満、落ち込み等がありましょう。
冷静さを欠いているのですから、
判断つかないこともありましょう。

しかし、別居となった今、
不安定で不安な妻の思いは、夫が何とかする・・ことではないのです。
別居解消したい、夫が歩み寄ってくれたら・・ではないのです。

素直にどうしたいのですか?

別居は取り返しがつかないことになってしまうことがあります。
別居のうけとめ方がご夫婦で違うからです。
別居解消の決心がつかない、タイミング、糸口がわからない。
悩んでいる方が
どうしたいのか?
ご自分の方向性みつけられるよう、サポート応援していきます。
すぐ、ご相談ください。

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚へ
いつもありがとうございます。。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

初回20分無料相談お受けしています。
(10:00〜20:00|年中無休)⬇️


4 件のコメント

  • 先日、旦那が数分ですが帰ってきました。
    「俺は、やり直したいと思ってるから、こうして家に帰ってくるんだよ。」と言っていました。でも、生活費も一円も渡さずに、こつどもの学費も払わない。おまけに、私との携帯のファミリー割引まで勝手に解約されてしまいました。そこまでされているので、旦那の言葉が信用できなくて、またまた感情的に話をしてしまいました。もちろん、すぐに、旦那はは彼女の家に戻っていきました。でも、すぐにメールして謝りました。言ってはいけないこと言ってしまったので。「また、私の言葉で苦しませてしまったね。こうやって、今までずっと苦しめて追い込んでしまったんだね。本当にごめんなさい。」とメールしました。今までなら、感情的に言いたいこと言って謝ることもしなかった私ですが、手遅れかもしれませんが、とりあえずメールで謝りました。次は、すぐに直接自分の口から謝れるように…と思っています。自分自身が子どものケンカしてることに気付きました。それ以降、旦那が帰ってくることもないし、連絡もなくて心が折れそうですが、頑張っていかなきゃと思います。

    • あーさま
      コメント拝見しました。
      大人の対応していかなくちゃ!です。
      ご主人が生活費諸々払いたくない・・こんな対応ではいけません。
      払わないから信用できないではなく、
      払いたくなる、払わなくちゃとご主人が思えるような導きができる貴方に
      なっていきましょうね。
      サポート応援していきます。
      でも、子供の喧嘩しているようでは・・後退してしまうじゃない、
      しっかりして下さい。

  • お世話になってます。
    昨日はバドミントンの日でした。主人も来たんですが、普通に一緒にできました。でも、一緒に組もうとすると、他の人にコソコソと話をして私を完全に避ける主人。
    別に組みたくないのはいいのですが、コソコソと他の人に言うことに腹がたち…。
    実家に戻り主人に電話をし、「コソコソするのはやめて。バドミントンはバドミントンでしょう。」と言うと、主人も何のことかすぐわかったようで「わかった」とは言ってました。
    冷静に「お願いなんだけど〜」と言いました。これでも自分の中では随分落ち着いて話ができたと思います。以前なら、腹がたったらすぐに電話し、感情的に主人にぶつけていたと思います。
    その話の後はすぐに違う話や、息子が横で「パパ!!」とずっと言っていたので、息子にかわってみたりして電話を切りました。正直、避けられてると思った時は落ち込んでしまいましたが、主人ばかりを気にしすぎず、バドミントンを楽しもうと少し気持ちを切り換えられたかな…と思います。
    まだまだですが、しっかり自分自身成長していきたいです。
    主人の両親に謝りに行く件は、何も話がありません。私からは何も言わないのですが、私から主人に言うべきでしょうか?28日は3回目の調停も迫っています。

    • りかさま
      コメント拝見しました。
      最後となる調停が間近ですね。
      ご主人もお考えのはずでしょうが、一歩進まないのですね。
      とりあえず軽い感じで促してみるのも一つです。
      核心に迫る話しは避けて、「仕事が終わればいつでも時間とるので、連絡くださいね」くらい、
      ご主人の対応を受けて、りかさんがお願いすればよいと思います。
      応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    斎藤紀子

    ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。