別居解消そして夫婦修復したい。臨む姿勢の最善策について考えること。

いつもお読み下さりありがとうございます。
千葉の夫婦修復カウンセリングスペース、リアンです。

別居問題についてのご相談。
別居解消そしてやり直すきっかけを見失い、
夫婦修復できない。
辛いお気持ちをお話されます。

別居=冷却期間と認識されてしまうこと、
心配でなりません。

様々な状況がありますので、一概にお話するには無理がありましょう。
その中、別居について、参考になればの思いです。

別居を言い出した夫、妻は、
意見の感情的なすれ違いだけでない、
何を拒絶するのか?
何故嫌悪するのか?

拒絶の意味、嫌悪の意味、その原因。
理解し、解決しなければ、別居を考え直すことはないのです。

冷静な話し合いを持つこともできません。
こちらの思いに耳を傾け、理解してくれることもありません。

冷却期間との認識で、
冷静な心になったからやり直そうとなるでしょうか。
「もう一度やり直そう」の言葉を信じるでしょうか。

拒絶、嫌悪の原因解決。
この目標のため、冷静な心で最善策を取る。

別居状態では、
関係を良くするチャンスは限られてしまいます。

メール、電話、の連絡。
少ない会う機会。

どんな貴方で臨みますか?

  • 参考までに、
    実際に別居解消なさった例、ご紹介しますね。

    心穏やかではなかったが、
    生活費を受け取る、会う時は、感謝の気持ちを伝えた。
    目一杯おしゃれをし、笑顔でいた。
    自分の気持ちを言いたいのを抑え、相手の話しを聞くことに努めた。

    子供の様子、何気ない挨拶メール、要らないと言われても、
    送り続けた。
    そんな中、会った時、
    会話の中に、冗談まじりの明るい話しがでるようになった。

    帰りがけ「帰る家は、ちゃんと守っているから、安心して」と
    自分の気持ちを始めて言った。

    迷いながら、
    一時的に家に戻るような時間を経て、
    別居解消しました。

ご主人が別居を言い出され、出て行かれた例ですが、
奥様は別居解消のため、冷静に、自分の気持ちを押しつけることなく、
明るく、前向きに接することを選ばれました。

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
いつもありがとうございます。
クリックしていだだければ、嬉しいです。
よろしくお願いします。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。