お母様!貴方の「夫婦の本当の意味」を娘さんに伝えていただきたい。

「妻が母親から自立できない」夫は悩んでいる。
記事を書いたところ、
お母様から、
「娘が子供を連れて帰ってきている・・受け入れたほうがいい?」
「娘夫婦の離婚の話、どう対応したら?」
「結婚生活が辛いと言う娘・・離婚させたい!」
などのご相談があり、お受けしました。

「娘の幸せを願う」親として当然だと思います。
私も、その思いは絶対のものです。

お母様とお話して思ったこと、書かせて下さいね。

娘(妻)が「何か困っている、頼ってきた」
私(母)が「出来ることは何でもしてあげたい」
娘(妻)が「嬉しい、良かったと喜ぶ」
私(母)が「他にも困っていたら、いつでも言いなさい」

夫婦の問題、夫の出番はいつなのでしょう?

まだまだ私は若輩者です、ようやく最近、
誤解、思い込み、行き違い、すれ違い、溝ができて、問題になり、
本当の夫婦の意味を知り、実感できるようになりました。

そして、そんな思いをしてこそ、
良いときも悪いときも、辛いときも楽しいときも、
嬉しいときも悲しいときも、もう無理という苦難も、
全て受け入れる。
「夫婦」ってそういうものなんだ!
そんな思いを持つことができました。

皆様から相談を受ける私の考えでもあります。

経験もあり、ご苦労の時代を乗り越えていらしたお母様。
娘に「私の思いをさせたくない!」と言われるお母様。
娘さんが結婚相手を選び、一緒になったのも自分の意志です。
今の問題をどうするか?も自分の意志ではないでしょうか?

「娘に、夫婦しての本当の意味を実感してもらいたい!」
母として、娘にそんな思いを伝えていきたいと思いますが、
いかがでしょうか?

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へ
ありがとうございます。
クリックしていただけたら嬉しいです。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

No tags for this post.

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。