リアン夫婦相談室の理念

目標:夫婦の絆をもう一度確かめ、再構築すること。ご相談者に的確にわかりやすくお話することを一番に、全力でサポート応援を続けています。

状況、気持ちの整理のお手伝い

突然の事に混乱し、受け止める事もできない。「どうしてこうなってしまったのか?」「離婚したくないのか、した方がいいのか?」離婚に至ってうまく行ったケース、または夫婦再構築に成功して現在は落ち着き幸せに生活しているケース、などなど豊富な事例から客観的な意見をお伝えし、あなたの気持ちを整理するお手伝いをします。

目標に向かう気持ちをサポート

「どこがいけなかったのか?」 自己反省ができれば、自己改善の努力につながります。行動すれば、結果はまだまだ先にあります。「今できること、やるべきことがある」としっかり理由付けできた行動は、自信もって継続できます。自信ある行動は、いい、悪いを迷いなく判断できる力として問題解決をはやめます。お電話(または対面)でお話することによって、状況を客観的に分析させていただき、あなたのほんとうの気持ちに気づくお手伝いをします。パートナーの冷たい態度や辛い状況に揺らいでしまう精神をしっかりサポートし、目標へ向かう強い気持ちを引き出します。

強い自分へ、ほんとうの幸せへのサポート

「離婚したい」「一人になりたい」「貴方とはやっていけない」「もう無理」こう言われてしまったたくさんの方からのご相談を受けるなか、「離婚したくない」「一緒にいたい」「夫婦修復したい」「やり直したい」とほとんどの方がそうおっしゃいます。

「どうしたらいいのか?」「どうしてこうなってしまったのか?」原因や解決策どころか、自分の気持ちさえもわからなくなってしまった方ばかりです。自分の思いを見つけ出す、解決に向けて行動を起こす、そのための気づき、きっかけ。多くの事例、沢山の経験から、これらをサポートすることで、ご相談者は混乱の渦から抜けだし、「あきらめない。今、自分ができることをする」選択ができるようになることでしょう。ご自分が変われば、夫婦が変わります。夫婦が変われば、あなたの人生が変わっていきます。

不倫問題に苦しんでも、嫁姑問題や実家依存に悩んでも、はては親兄弟巻き込んで収集つかなくなっても、もとを正せばそれは夫婦二人の間の問題なのです。 夫婦関係は、互いの育ってきた環境、日常生活の外的な要因が大きく影響することは事実です。しかし、自己反省と自己改善、無意識な思い込みや自分では気づかない傾向を理解し、異性としてのパートナーに対する理解、尊重、かかわり方、伝え方、応え方、これらを変えていくことによって、夫婦関係は確実に変わってきます。 なんら特別のことではなく、あたりまえのこと、その方法さえ知っていれば全てだれもができることです。

しかしそこに考えが至る前に感情や状況に流されて、勢いで離婚してしまう夫婦が多いのは悲しい事です。誰もが離婚したいと思って結婚するわけはなく、幸せになりたいから、なれると思うから結婚するのです。リアンのサポートが夫婦の絆を再構築し、不幸な離婚をひとつでも減らせる一助となれば、こんなに嬉しい事はありません。


夫婦修復ランキングサイトへリンクします
たくさんの人が夫婦修復・再構築にむけて奮闘されています

No tags for this post.

ABOUTこの記事をかいた人

斎藤紀子

ブライダルサロン勤務時代にみてきた、幸せな夫婦たち。 高齢者生きがい活動介助指導員として関わってきた、その後の長い人生を積み重ねてきた年配のご夫婦。自らの不妊治療、必死の育児時代。 それらを通し、結婚という形について深く考えるようになる。 日本夫婦修復カウンセラー協会員。”絆を取り戻す”夫婦・離婚カウンセラーとして活躍中。